Vb net datetimepicker validating

Composite controls provide a means by which custom graphical interfaces can be created and reused.

A composite control is essentially a component with a visual representation.

誰でも無償で利用できるVisual Basicは、シンプルで覚えやすく、プログラミング初心者の学習に最適な言語です。本書は、初心者から中級者向けにVisual Basicの開発環境の準備、デスクトップアプリやデータベースアプリ、ウェブアプリ開発まで、サンプルを動かしながら実践的にプログラミングを学べる解説書です。オブジェクト指向プログラミングについても詳細に解説しており、プログラミングの基本がしっかり身につきます。 1.1.1 Visual BasicとVisual Studio Visual Studioはアプリを開発するためのアプリ Visual Studioでは3つの言語が使える Memo VS Community 2015に必要なシステム要件 1.2.1 . NET Frameworkの構造を確認する Memo CTS(共通型システム) Onepoint Java VM 1.2.2 CLR(共通言語ランタイム)の役割 CLR(共通言語ランタイム)の役割を確認する CLR(共通言語ランタイム)に含まれるソフトウェアを確認する Memo ランタイム Memo ガベージコレクション 1.2.3 Visual Basicのための開発ツール Visual Basicの学習なら「Community」 Memo Visual Studioのバージョンを確認するには セットアップと基本操作 2.1.1 VS Community 2017のダウンロードとインストール Hint Microsoft. 2.2.1 Visual Basicにおけるアプリケーション開発の流れ 2.2.2 Visual Studioにおけるプログラムの管理 2.2.3 Visual Studioの起動と終了(IDE画面の表示と終了) Visual Studioの起動 2.2.4 プログラム用ファイルの作成(プロジェクトの作成) プロジェクトを作成する プロジェクトを保存する プロジェクトを閉じる Memo プロジェクト名とプロジェクトの保存先 プロジェクト作成時に生成されるファイルを確認する Hint Application.

Designer.vbとApplication.myapp(アプリケーションモデル) 作成済みのプロジェクトを開く Memo すべてのファイルを表示する 2.3.1 Visual Studioの作業画面(ドキュメントウィンドウ) Windowsフォームデザイナーを表示するには コードエディターを表示するには 2.3.2 Visual Studioで使用する各種のツール ツールボックスを表示するには ソリューションエクスプローラーを表示するには Memo Visual BasicとVBAは何が違うの?

Next 1次元配列を利用したプログラムを実行するには コラム 配列は参照型のデータ構造を持つ 2次元配列に値を格納するプログラムを作成するには コラム 配列に値が格納される仕組み コラム 2次元配列に格納された値を表示する仕組み 2次元配列を利用したプログラムを実行するには 動的配列を使う 動的配列を利用したプログラムを実行するには コラム 配列の要素数を求める コラム UBoundメソッド コラム 値が格納されている配列のサイズを変更する 配列を利用してデータの並べ替えを行う コラム ジャグ配列 4.4.1 数値を通貨形式の文字列に変換するメソッド 通貨形式の文字列に変換するには 4.4.2 数値を任意の表示形式に変換するメソッド 任意の表示形式に値を変換する方法を確認する 4.4.3 データのコンバート(変換)を行うプログラムの作成 データ型のコンバートを行うプログラムの作成 コラム #と0の違い コラム Radio Btn FalseメソッドとClearメソッド コラム Radio Button. Validatingイベント コラム Cancel Event Argsクラス 4.5.1 条件によって処理を分岐 If... Elseステートメントを利用したプログラムを記述するには コラム 条件式で使用できる比較演算子 4.5.2 3つ以上の選択肢を使って処理を分岐 If... Catch...によるエラー処理 子フォームの内容をファイルに保存させるコードを記述するには 終了と書式設定メニューに対する処理を記述するには コラム [名前を付けて保存]ダイアログボックスによるファイルの保存 8.1.1 構造化エラー処理 構造化エラーハンドラーと非構造化エラーハンドラー Try... Catchステートメントを利用して例外処理を行うには Finallyブロックを使用するには 8.1.3 エラー内容の取得(ExceptionクラスとErrオブジェクト) Exceptionクラスを利用してエラーの内容を取得するには Errオブジェクトを利用してエラーの内容を取得するには コラム Errオブジェクトを利用したプログラムの例 8.1.4 非構造化エラーハンドラー On Errorステートメントを利用して例外処理を行うには 8.2.1 ステートメントの1行単位の実行(ステップ実行) ステップ実行でステートメントを1行ずつ実行するには コラム [デバッグの停止]ボタンと[続行]ボタン コラム ブレークポイントの解除、および無効化 8.2.2 マウスを使って変数の値を確認するには 中断しているステートメント内の変数の値を確認するには 中断箇所までのステートメント内の変数の値を確認するには Q&A 9.1.1 アプリケーションの配布(アセンブリとビルド) アセンブリについて確認する ビルドについて確認する 9.1.2 .

3.4.1 数値を通貨形式の文字列に変換するメソッド 通貨形式の文字列に変換するには Memo データ変換関数 3.4.2 数値を任意の表示形式に変換するメソッド 任意の表示形式に値を変換する方法を確認する 3.4.3 データのコンバート(変換)を行うプログラムの作成 データ型のコンバートを行うプログラムの作成 Memo #と0の違い データのコンバートを行うプログラムの操作 Onepoint Radio Button. Validatingイベント Memo Cancel Event Argsクラス Tips アルゴリズムとフローチャート 3.5.1 条件によって処理を分岐する If... Elseステートメントを利用したプログラムを記述する Memo 条件式で使用できる比較演算子 3.5.2 3つ以上の選択肢を使って処理を分岐する If... Nextステートメント 3.5.4 特定の回数だけ処理を繰り返す 指定した回数だけ処理を繰り返す ゲームをイメージしたバトルシーンを再現してみよう 3.5.5 状況によって繰り返す処理の内容を変える 2つの処理を交互に繰り返す 3つの処理をランダムに織り交ぜる 3.5.6 指定した条件が成立するまで繰り返す(While... New()呼び出し時の注意点 Tips Meキーワードによる参照情報の付加 Hint 自動実装プロパティを定義した場合のデフォルトコンストラクター 4.4.1 名前空間の仕組み 4.4.2 名前空間の定義 独自の名前空間を定義する 独自に定義した名前空間を利用する 4.5.1 参照変数をパラメーターにする Hint ダブルクォーテーション()の使い方がいま一つわかりません 4.5.2 参照の戻り値を返すメソッド 4.5.3 クラス型の配列 クラス型の配列を使ってみよう Memo クラス型の配列の使いどころ Hint 複数のプロパティを持つクラスを配列要素で扱う 4.6.1 継承の仕組み 継承を行う方法を確認する スーパークラスを確認する Memo スーパークラスとサブクラス サブクラスを作成する Memo サブクラスのインスタンス イベントハンドラーと操作画面(UI)を変更しよう Attention 単一継承の原則 Onepoint [プロパティ]ウィンドウを使ってフォームのサイズを変更する 4.6.2 サブクラスの継承 Memo 継承に含まれないメンバー 4.7.1 オーバーライドによるメソッドの再定義 オーバーライドしたメソッドの呼び出し 4.7.2 スーパークラスのメソッドをオーバーライドする スーパークラスメソッドをオーバーライド可能にする メソッドをオーバーライドする Tips オーバーライドをしているクラスを確認する方法 4.7.3 スーパークラスのメソッドの呼び出し 4.7.4 サブクラスにおけるメソッドのオーバーロード 4.7.5 スーパークラスと同名のフィールドの定義 4.7.6 ポリモーフィズムを利用する ポリモーフィズムを利用するプログラム イベントハンドラーを作成する Memo なぜ、わざわざポリモーフィズムを使うのか 4.7.7 メソッドを改造して同じ名前で呼び分ける(オーバーライドとポリモーフィズム) 「VBちゃん」の本体クラスを作る GUIとイベントハンドラーの用意 4.8.1 抽象メソッドと抽象クラス 抽象クラスを使う オーバーライドによるメソッド定義の実装 4.8.2 インターフェイスを使ってみる インターフェイスの作成 Memo [Start Position]プロパティで指定できる値 4.8.3 インターフェイス型変数を利用したポリモーフィズム 4.8.4 宣言コンテキスト、アクセスレベルによるスコープの決定 Hint リッチテキストボックスとテキストボックスの大きな違いは? 4.9.2 スレッドの進捗状況を表示してみる 5.1.1 フォーム名やファイル名の変更 フォームの名前を変更する フォームのファイル名を変更するには 5.1.2 フォームの外観の設定 フォームのサイズを変更する フォームの背景色を変更する Onepoint [Back Color]プロパティの設定 Memo フォームの背景色の設定 フォームの背景にイメージを表示する タイトルバーのタイトルを変更するには タイトルバーのアイコンを取り替えるには Onepoint システムにインストールされているアイコンを見付ける 5.1.3 フォームの表示位置の指定 フォームの表示位置を指定する Memo フォームの表示位置 5.2.1 コントロールの種類を確認する 5.2.2 コントロールの操作 コントロールを配置しよう 識別名や表示するテキストを変更しよう Memo サイズ揃え用のボタン Memo テキストのサイズとフォントを指定するには Memo テキストや背景の色を指定するには Memo Fontで指定できる各種のプロパティ コントロールの位置を揃えよう コントロールのサイズを揃えよう Tips ラベルコントロールのサイズを自動で調整する Tips グリッドに合わせてコントロールを配置する Memo フォームのサイズを変更してもコントロールの位置が変わらないようにできる?

End While) 条件が成立する間は同じ処理を繰り返す 必殺の呪文で魔物を全滅させる 無限ループ Memo StepキーワードとNextキーワードに続くカウンター名の省略 Hint ループ(繰り返し)処理を途中で止めるには 3.5.7 コレクション内のすべてのオブジェクトに同じ処理を実行 For Each... Nextステートメントの実行 Tips 特定のオブジェクトに対して例外処理を行う 3.5.8 条件式が真(True)の間だけ処理を繰り返す Do While... Tips アプリケーションの実行状況の保存 Tips アクセス日時を扱うための操作 Hint コモンダイアログボックスとは何か? テキストの表示位置を揃える Hint フォーカスを得られないようにする グループボックスを利用して複数のコントロールを配置する Memo 間隔調整用のボタン 5.2.3 コントロールを使いやすいようにする タブインデックスを設定する Memo 上下の間隔の調整 ツールチップを表示するには Hint アクセスキーを設定するには Memo 整列用のボタン タブを使って画面を切り替えられるようにする フォームにメニューを配置する Memo メニューアイテムを選択したときの処理 Tips メニュー項目に区分線を入れる Hint メニューにショートカットキーを割り当てるには 5.3.1 Buttonコントロールの利用 ボタンクリックで別のフォームを表示する Onepoint 他のフォームを開くステートメント ボタンクリックでフォームを閉じる Hint Me.

Loopステートメントを利用したプログラムを作ってみる 3.5.9 条件式が偽(False)の間だけ処理を繰り返す Do Until... Close()の「Me」 フォームを閉じると同時にプログラムを終了させる ボタンクリックでフォームのサイズを変更する Memo [書式]メニュー Onepoint フォームをモーダルで開くメソッド Onepoint フォームのサイズを変化させるステートメント ボタンクリックでフォームの表示位置を変更する ボタンクリックで背景色を変える Hint Back Colorプロパティ Onepoint フォームの位置を変化させるステートメント Tips 背景色をリセットする 5.3.2 テキストボックスの利用 入力したテキストをラベルに表示する Memo スクロールバーの表示 Tips IMEを自動でオンにする Onepoint テキストの複数行入力とスクロールバーの表示 ログインフォームを作る Memo ログインフォーム 5.3.3 選択用コントロールを使う チェックボックスを使う ラジオボタンを使う Onepoint グループボックスを使う Onepoint Check Boxのチェックの状態を取得する Memo Selected Itemプロパティ リストボックスを使う Tips パスワード欄に入力可能な文字数を設定する Tips 複数の項目を選択できるようにするには リストボックスに項目を追加する Onepoint List Boxへの項目の追加 Memo 選択された複数の項目を取り出す方法 5.3.4 カレンダーを使って日付を取得する Memo Date Time Pickerコントロール Hint 2つの日付の間隔を算出するDate Diff()メソッド 5.3.5 メッセージボックスを利用してアプリケーションを閉じる Onepoint Message Box Buttons列挙型 Hint List Boxの用途 5.3.6 メニューを使ってみよう Memo ボタンの戻り値 5.3.7 他のアプリと連携してみよう プログラムを終了する処理を追加する Hint 1つのイベントに対するイベントハンドラーの名前 5.3.8 イベントの仕組みを解剖してみよう Handlesキーワード 1つのメソッドで複数のイベントを処理してみよう 1つのイベントに対して複数のイベントハンドラーを指定してみる 「sender」を利用してイベントの発生源を取得してみよう Memo オブジェクトとは何のこと?

Event Argsクラスでイベントの内容を取得する Memo 基本クラス「Event Args」のメソッド 5.3.9 デリゲートを利用したイベントの送信 デリゲートを利用したプログラムを作成してみよう 5.3.10 Validatingイベントの利用 Validatingイベントを利用したプログラムの作成 Memo Text Lengthプロパティ 5.3.11 Cancel Event Argsクラスの利用 Cancel Event Argsクラスを利用したプログラムを作成してみよう Tips リストボックスにおいてデフォルトで選択される項目を指定する Onepoint List Boxで複数選択を可能にする 5.4.1 日付と時刻を表示するプログラムの作成 Memo よく使われるプログラミング特有の言い回し Memo システム時計から日時に関するデータを取得する方法 Memo Date And Timeクラス Tips Date Time構造体 Memo Timerコンポーネント Tips 日付と時刻を一緒に表示する 時刻をデジタル表示するプログラムを作ってみよう Memo Timerコンポーネントと連動した現在時刻の書き換え 5.4.2 ストップウォッチを作ってみよう Memo [Ime Mode]プロパティ Memo ストップウォッチプログラムの仕組み 5.5.1 テキストエディター用の画面の作成 Memo テキストボックスのプロパティ 5.5.2 ファイルの入出力処理 ダイアログボックスでファイルを保存する処理を記述する Onepoint データをファイルに保存するときの処理 Onepoint Dockプロパティの指定方法 ダイアログボックスでファイルを開く処理を記述する Memo [開く]ボタンまたは[キャンセル]ボタンがクリックされたときの処理 Memo ファイルを開くときの処理 Memo [保存]ボタンまたは[キャンセル]ボタンがクリックされたときの処理 5.5.3 印刷機能の組み込み(Print DocumentとPrint Dialog) [印刷]ダイアログボックスで印刷が行えるようにする Memo Print DocumentコントロールとPrint Dialogコントロール Onepoint 名前空間のインポート Hint エラー処理を追加する Memo メニューの[印刷]を選択したときの処理 Memo エラーの種類とエラー関連の用語 Print Documentコントロールの印刷内容を記述しよう Memo Print Page Event Argsクラスのプロパティ Memo [印刷プレビュー]ダイアログボックスの表示 印刷処理の手順を確認する 5.5.4 印刷プレビューとページ設定の追加 [印刷プレビュー]ダイアログボックスを表示しよう [ページ設定]ダイアログボックスを表示しよう Memo [ページ設定]ダイアログボックスの表示 5.6.1 リッチテキストボックスを配置した子フォームの操作(MDIの利用) 親フォームを作成しよう 子ウィンドウを作成しよう Hint 子ウィンドウのタイトル 子フォームを開くためのコードを記述しよう Onepoint [ファイルを開く]ダイアログボックスで指定されたファイルの読み込み Tips Load Fileメソッドの引数 Onepoint 子フォームの表示 Memo Try...

Leave a Reply